• 多孔質活性炭

    炭の中に無数の孔があり、その無数の孔の中にまた無数の穴があります。こういう構造を「多孔質」といい、孔の表面積は通常1gで約300平方メートルですが、大木工藝の多孔質活性炭は約3,600平方メートルも有るのが特徴です。

  • キャパシタ(電気二重層:EDLC)型蓄電池開発

    pdfで詳細を見る掲載メディアを見る

    現在の電極と比べ、約2倍の放電容量を示している。関西大学共同研究

    急速充放電が可能。サイクル寿命が長い

    <特徴>

    • ●充放電時に化学反応を伴わないため電極が長寿命
    • ●大電流の充放電が可能
    • ●鉛などを使わず環境に優しい

    <用途>

    • ●電気自動車用充放電バッテリー

    平成20年 関西大学化学生命工学部 石川正司教授との共同研究開発をしてきた非水系電気二重層キャパシタの成果を平成23年3月29~31日の電気化学会において共同で論文発表を行った。

    2010年3月までの研究特性結果

    (株)大木工藝の材料は、電気二重層キャパシタ電極材料として、高容量・高レート特性を兼ね備えたものであることが明らかになった。今後は過剰な表面積を排除してさらに嵩密度を上げる改良、同時に生産性の高い電極成型プロセスに適した材料であるかどうかの調査・検討を進める予定である。

    電気を電子のまま蓄える。容量の非常に大きなコンデンザ・キャパシタ活性炭製造工場
  • カーボンウェーブシート

    炭素を初めて採用した省エネシートで、壁紙としても使用可能です。熱拡散率の高いシートを室内側に施工することで、エアコン等の冷暖房効果を向上させ、エネルギー消費をカットする省エネシートです。

  • カーボンウェーブシート<建材用>

    pdfで詳細を見る掲載メディアを見る

    炭素シート応用・節電効果50~80%の「ビル・住宅用最新省エネ壁紙」

    ビルの内装張替えで節電オフィス。住宅も簡単省エネリフォーム

    室内イメージとクロス構造例 蓄熱層作用イメージ

    ■カーボンウェーブ・シートの特長

    • ※断熱と室内温度の均等化効果が高い
    • ※蓄熱・蓄冷効果
    • ※厚みが薄く、しなやか
    • ※シックハウス原因物質吸着
    • ※他の断熱材と比較して軽量(175g/平方メートル)
    • ※不燃性(着火温度が高い)
    • ※調湿力があり結露を防ぐ
    • ※炭素粉の集まりなので消臭効果

    2012年「京都エコスタイル製品」認定、2012年「第三回しが低炭素リーダー賞」受賞、2014年「京都市オスカー」認定

  • カーボンウェーブシート<応用編>

    炭素シートは壁装材用途だけでなく、さまざまな産業分野で展開が期待されます

    庫内イメージ

    キャビンの解体、交換なしで保冷・冷凍効果UP
    炭素シートにより内装パネルから素早く、均一に熱伝導。「蓄冷材」により、冷凍機の運転を停止しても庫内の温度を一定時間保持し、コンプレッサーの駆動エネルギーを削減

    カーボンウェーブシート構造
    保冷凍車・倉庫内壁

    保冷・冷凍キャビンの内装を張り替えるだけで、中古車が新車以上の性能にグレードUP!車輌販売業界、低温輸送業界の活性化にも貢献します。

    自動車イメージ列車内装イメージ
    自動車・列車・航空機内装

    自動車などで、冷暖房をOFFにして車外に出てまた戻るような場合でも、炭素シートを複合した内装では車外の温度環境による車内の温度変化が少なく、快適な車輌環境を実現します。大量輸送の車輌では冷暖房の節電により、大幅な経費の節減が期待できます。

  • 転写

    フィルムの印刷した絵や図柄を路面などに写すこと。大木工藝の転写技術は場所を選ばず、多少の凹凸があっても常温転写できます。

  • 常温転写<トランスアート>

    pdfで詳細を見る掲載メディアを見る

    路面や建物の壁面などに、現場で自由に絵柄を転写

    平成10年、京都ベンチャー企画目利き委員会Aランク認定。平成13年 国土交通省より、新技術活用促進システムNETS認定

    正方寺曼荼羅一対曼荼羅一対

    左:正法寺 中央・右:曼荼羅一対
    京都市 高台寺 六角堂(重要文化財)を平成19年より解体開始、洛西の名刹 正法寺に移築、平成21年5月完成 施工:(株)さわの道元
    地下三方壁面には、正法寺所有の「弥勒菩薩」と「曼荼羅一対」及び天井に天女三体を(常温転写)トランスアート

    <建築用途>

    • ●壁面(リニューアル含む)
    • ●一般建築床
    • ●駅舎関係(プラットホーム、他)
    • ●ベランダ・開放廊下

    <土木・道路用途>

    • ●防波堤
    • ●駐車場
    • ●擁壁
    • ●一般歩道
    • ●高速道路壁面・橋脚
    • ●コンクリート景観(トンネル)
    • ●電柱
    • ●マンホール・ガードレール
  • -->
  • その他

    技術が進歩し産業が発展していく一方で、世界的な自然環境の変化・水質汚染・産業廃棄物問題など、私たちを取り巻く環境において、様々な問題が生じています。大木工藝では長年の知識と独自の発想により、安全で豊かな地球環境を守る技術開発に取り組んでいます。

  • 炭素製超軽量ネジ(開発中)

    pdfで詳細を見る

    世界初!炭素製超軽量締め付け部品開発 [特許取得製品]

    超高密度炭100%の超軽量・無収縮・完全防錆のネジ、ボルト、ナット!航空機・宇宙ロケット・橋梁・船舶・建築施設の製造工程を一新!

    炭素100% インプラント治療にも応用が期待
    航空・宇宙開発、建設業界に送る革新の素材開発

    炭素100%製、世界初の超軽量・無収縮・完全防錆のネジ、ボルト、ナット,ワッシャ等の締め付け部品開発。軽量化が求められるあらゆる製造行程に導入が期待されています。

    ●対象:航空機、宇宙ロケット・施設、橋梁、船舶、建築の製造行程

  • 炭素減圧釜による原水(海水・汚水)の真水化装置

    システムイメージ

    真水化装置システム図

    インプラント治療にも応用が期待

    真水化装置デモ機

  • 廃棄物の炭化物利用融雪材

    pdfで詳細を見る
    title end-->

    琵琶湖南部新産業創出特区計画第一期認定〈融雪瓦・融雪ブロック〉の研究開発

    平成16年10月 滋賀県南部新経済振興特区事業として龍谷大学理工学部占部武生教授と共同で第一期特区認定を受ける

    実験地:滋賀県大津市朽木大津市支所 実験地:滋賀県大津市朽木大津市支所龍谷大学理工学部占部武生教授

    左・中央:実験地:滋賀県大津市朽木 大津市支所
    右:龍谷大学理工学部 環境ソリューション工学科 占部武生教授共同研究

    本来熱を伝えにくい無機材料に炭化物を混入し、炭の遠赤外線作用による補助電熱源の熱の伝導・放熱効果を付加し、融雪機能を有する寒冷地向けの新建材開発。混入する炭は廃棄物を利用した炭化物から生成し、資源の有効利用にも貢献
    <効果>寒冷地の家屋屋根瓦の融雪、道路・駐車場の路面凍結緩和

  • エコインターロッキングブロック

    pdfで詳細を見る

    京都市下水道汚泥・生ゴミ(RDF)を約800℃で高温炭化再利用し、常緑芝による二酸化炭素(CO2)吸着・固定化、排出権売買、ヒートアイランド現象を大幅に緩和する緑化ブロック

    平成21年2月 京都市環境局より「京(みやこ)の環境みらい創世事業」に採択、助成交付額1,000万円

    エコインターロキングブロックイメージ

    土を使用していないので、土壌の1/5以下の重量です。炭の多孔質に土壌菌が固定化するため、芝以外の野菜の育成にも最適

    <特徴>

    • ●廃棄物の再利用(リユース)下水道汚泥炭・生ゴミ(RDF)炭・廃活性炭を使用(総評エコ炭)
    • ●レーヨン、ポリエステル混合不織布段ボール式の穴に エコ炭・軽石・軽量材を混入(土を使わない)した常緑芝植生基盤
    • ●重量が普通ブロックの1/2以下
    • ●常緑草タマリュウによる管理不用
    • ●夏期表面温度が路面において約20℃低下
    • ●環境庁H3年告示46号溶出試験クリア(島津製作所平成17年データ)
    • ●形状は自由設計可能
    • ●交換が簡単